コスメ

目の下パンダを防ぐテクニックと黒目が大きく見えるアイライナー

こんにちは、ブラジル在住 美容ブロガーのchisaです。

先日、「O BOTICÁRIO -オ ボチカリオ-」のメイクセミナーに参加してきました。
その際に、すっぴん~フルメイクまでボチカリオのアイテムを使ったところ、
これは特におすすめ!だと思ったアイライナーをゲットしてきましたので、ご紹介します。

chisa
chisa
アイライナーがにじんで目の下がパンダになってしまう方におすすめのテクニックも併せてご紹介!
こんな方におすすめ
  • 黒目を大きくみせるアイライナーが知りたい
  • アイライナーはガタついて失敗しがち。
  • 目元ははっきり印象的にみせたい

リキッド派の私を変えた!運命のペンシルライナー

Make B Lápis para Esfumar Olhos Preto
48,90レアル(約1,467円)

アイライナ-といえば、私はリキッドライナー派でしたが、
このペンシルライナーと出会ってから、
今までのイメージがガラッと覆されるほど衝撃的な出会いでした。

chisa
chisa
おどろくほど柔らかいアイライナー!

このアイライナーはとくにかく柔らかい造りが特徴。
まるでリキッドライナーのような付け心地。
擦ったりすることなく、するすると付けられます。

また、一度ライナーを引いた後は、反対側のブラシでぼかしていきます。

ブラシナナメにカットされているため目元にフィット。
程よい硬さで、目元にも優しいのに、ブラシ幅が細い造りのため、
ライナー直接引くと濃くなりすぎてしまうようなところでも
キレイにぼかすことができます。

時間が経つとヨレと水にも強い!

chisa
chisa
ボチカリオのライナーは塗ってすぐは、ぼかすことができますが、
5分ほど時間が経つと、こすってもびくともしません。

なので、ペンシルの反対側にあるブラシで好みでぼかしたり、
ハッキリさせたりすることができます。

しかも、水にも強く、濡らしてみましたが、ほんのり色が薄まっただけで、
にじみもありません。

黒目を大きくハッキリみせるライナー


塗った直後とブラシでぼかした後を比較してみました。

ライナーのみだとキツイ印象になってしまいますが、
ぼかしを入れることでふんわりと印象に変わります。
ペンシルで引いても、ぼかした後のブラシについた残りで引いてもOKです。

かんたん!目の下パンダを防ぐテクニック


初めて使用した時、残念ながら、夕方目の下が真っ黒ににじんでしまいました。
このライナーは水には強いですが、皮脂には弱いようです。

目の下がパンダになってしまう原因は、アイライナーにもありますが、
圧倒的に「下地準備不足」にあります。

アイメイクをする前は、化粧下地→ファンデーションを付けたあと、
しっかりと目の際までパウダーをつけましょう。

ルースパウダーよりも、プレストパウダーがにじみ防止にはおすすめです。
しっかりとはたいた上から、アイライナー、そしてアイシャドウをすることで、
発色と持ちが格段にあがります。



ボチカリオでは、ある一定の金額分商品を購入すると、
低価格でメイクセミナーに参加できます。
セミナーの様子は後日アップしますね。

O BOTICÁRIO -オ ボチカリオについてはこちらから。

ブログランキングに参加しています。
クリックして応援してもらえると嬉しいです♡
にほんブログ村 美容ブログ 30代女磨きへ

ブラジルのおすすめ情報はこちらから
にほんブログ村 海外生活ブログ ブラジル情報へ

海外駐在妻さん方のブログはこちらから
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ

ABOUT ME
brazilcosme
Olá! はじめまして。 ブラジル在住 美容ブロガーchisaです。 ブラジルの美容やコスメについて紹介します。